ABOUT US

委員長方針

総務委員会

総務委員会 委員長  則本 拓哉

 宇治青年会議所は1969年に設立され、本年度で51年目を迎えます。数多くの先輩諸兄姉が「明るい豊かな社会の実現」のため活動をされ、地域をよくしていこうという想いが受け継がれてきました。しかし、現在様々な問題によりメンバーが全力で青年会議所活動に取り組める状況ではありません。この先も変わらずに先輩諸兄姉の想いを次世代へと繋いでいくためには、改めて我々が青年会議所活動の本質を学び直し、宇治青年会議所の一員である自覚と責任を持って活動していくことが求められています。

 もっとも大きな課題は会員数の減少です。発信力の低下によって青年会議所の魅力を存分に伝えることが出来ず入会候補者さえ見つけられていない現状です。まずは、メンバーに対して会員拡大の必要性を自分事と捉えていただくために、拡大会議を行い拡大の手法を共有し、メンバー数の増加によって得られる学びや可能性を知っていただくことで、会員拡大に対してメンバー全員で一丸となり入会候補者に呼びかけます。そして、青年会議所を知っていただくために、JC説明会をおこない、青年会議所での学びである自己成長の機会がたくさんあることをプレゼンテーションし、興味をもっていただきます。また、入会へとつなげるために、異業種交流会をおこない、身近な環境で体験談等を踏まえ交流することで、これからの仲間として青年会議所活動への第1歩とします。

 メンバー数の減少により、ひとりひとりの担いが多く、本来の目的が不明確なまま日々の活動を行うケースが多々あります。そのため、学びが少なくなってしまいメンバーによって熱量が大きく異なり自覚と責任が薄れてしまっています。まずは、例会において委員会毎の近況や事業の目的をしっかりと発信できる会場づく入りを提供し、メンバー全員で共感しあえることで、仲間意識を向上させ全ての事業につなげていきます。

 最後に総務委員会委員長を1年間務めさせていただくことで、自分の理想である信頼される委員長を目指します。そのために、常に委員会メンバーのために、LOMのために、一番良い方法を常に考えLOMの根幹を支え、また、自分の背中を委員会メンバーにしっかりと見せることで未来の委員長をしっかりと育てて参ります。

職務分掌

  1. 定款・諸規定、会員名簿の発行及び定款・諸規定の調査・研究(報告議案)
  2. 総会の開催(2月・12月・その他臨時)
  3. LOM運営及び事務一般に関する事項の対応(正副理事長会議、理事会催)
  4. LOMホームページ・SNS等広報ツールの管理運営(報告議案)
  5. LOM活動の記録保存、あじろぎの作成(報告議案)
  6. LOM基本資料の作成および発行
  7. 新春(1月)例会・交流会開催
  8. 例会セレモニーの開催(10回)
  9. 会員拡大
  10. 正会員入会式の実施
  11. やましろ未来っ子小学校EKIDENへの対応
  12. 「宇治茶と源氏物語」スイーツイベント実行委員会への対応