ABOUT US

委員長方針

拡大・人財育成委員会

人財育成委員会 委員長  吉村 優一

 1969年、「明るい豊かな社会の実現」を理念に発足された宇治青年会議所は、先輩諸兄姉のご尽力により、地域の関係諸団体、地域住民の皆様方によるご理解ご協力のもと、地域に根差した数多くの活動を通じて50年もの歴史を歩んで参りました。昨年度に執り行われた50周年記念式典において、その半世紀にわたる歴史や先輩諸兄姉の熱い想いを承継した私たちもまた、次世代へとバトンをつないでいかなければなりません。

 しかしながら、全国的に青年会議所の会員数が減少傾向にあるなかで宇治青年会議所も例外ではなく、会員拡大が非常に大きな課題となっています。これには少子高齢化による入会対象者の絶対数減少が大きな要因であることは間違いありませんが、SNSなどの情報発信ツールの普及により大小さまざまなコミュニティが増加したことで入会対象者が分散していることに加え、青年会議所が学び多き魅力ある団体であることを入会対象者にしっかり伝えられていないことも大きな要因であると考えます。その現状を打破するためには、青年会議所が自己研鑽の場としてふさわしい団体であるとメンバー自身が実感できる環境づくりこそが重要であると考えます。

 メンバーが青年会議所活動に費やすことができるリソースは無限ではありません。青年会議所活動はメンバーの限りある貴重な時間や労力を費やして構築するからこそ、そこには意義や目的を明確化すること、達成感やおもしろさを得られることが重要であると考えます。意義や目的を見失い、取り繕うように構築された事業から真の学びを得ることはできず、ましてや達成感やおもしろさなど感じられる筈もありません。達成感を得るにはまず目的を明確にすることから始まります。本年度の人財育成委員会では、初釜事業や卒業式例会などの伝統ある継続事業については過去の課題や引継ぎ事項を検証し、確実に目的を達成できるよう、より完成度の高い事業構築を目指します。人財育成事業についてはメンバーに興味を持って参加してもらえるような目的をもったワークショップ形式での事業構築をおこない、能動的に行動するからこそ味わえる、たのしさや学びの機会を創出できる委員会となるべく組織運営を目指します。

 団体の最小単位は個人であり、団体を変えられるのも個人です。活動におもしろさを見出して能動的に行動するメンバーが増えることで宇治青年会議所の活性化や魅力の向上につながり、そこには志を同じくする多くの仲間が自然と集い、さらに魅力あふれる団体へと成長する原動力になると確信しております。私自身も宇治青年会議所がこのような団体になれるよう、全力で取り組んで参ります。

職務分掌

  1. 新春茶会(第45回初釜)の開催
  2. 会員の人財育成を目的とした調査、研究並びに検証
  3. 12月(卒業式)例会の開催
  4. FTセミナーの開催(報告議案)
  5. クリーン宇治運動への対応
  6. 近畿地区大会への参加協力
  7. 全国大会への参加協力
  8. 宇治川マラソン実行委員会への対応
  9. JCカップ予選の対応