ABOUT US

委員長方針

総務委員会

総務委員会 委員長  木本 裕章

 宇治青年会議所は、創設から50年をかけて、先輩諸兄のご尽力のもとで地域に根差した活動を行い、地域において若い世代の代表たる組織としての地位を確立してまいりました。近年は、少子高齢化や若年層の人口転出もあり過去50年の中で最小水準のメンバー数ではありますが、地域がこれからも発展するためには、地域を牽引するリーダーとして活動する青年会議所の組織としての力強さを次代に繋いでいかなければなりません。

 総務委員会は組織の運営を担う委員会として、青年会議所活動の一つ一つが自己の成長に繋がることをメンバーに理解していただき、一人ひとりのメンバーが自ら進んで積極的に青年会議所活動に参加したいと思える環境を整える必要があります。そのためには、メンバーそれぞれが異なる個性を持つ中で、各々が自らの貴重な時間を青年会議所活動に割いていることを意識し、青年会議所活動のスケジュールに関する情報共有を強化します。また、組織の根幹となる会議の運営をはじめ、各種事業の事務連絡においては迅速かつ丁寧な対応を行います。最近では、ネットを通じて手軽に多くの情報が交換できるようになった結果、多くの情報が社会に溢れておりますが、その中でも青年会議所活動の情報が適切に伝達できる方法を模索し、メンバー全員が一枚岩となり同じ方向を志すことができるように組織運営を行うことが私たちの責務であると考えます。

 その中で、新年度最初の事業となる初釜事業では、練習会から前日準備、また当日の配置など多くの担いがありますが、全メンバーが各々の役割を事前に理解し、事業当日は自らの担いを全力でまっとうするとともに、おもてなしの心をもって対応するように運営します。またメンバーの意見交換の重要な場である例会セレモニーでは、メンバーが進んで参加するだけでなく、オブザーブも連れてきたいと思える設えとしてまいります。その中で、青年会議所活動を通じて得たメンバーそれぞれの気付きを報告し、一人では感じえなかった青年会議所活動の魅力を発掘していただきます。さらに、行政や他団体との交流や地域イベントに関わる中で、志を同じくするメンバーの発掘に努めます。

 創立50周年の節目の年の組織運営を担う総務委員会として、当委員会メンバーは率先して、これまでの先輩諸兄姉の活動の理解に努めます。これまでの礎の上に、50年目の活動が出来ることに感謝の想いを抱きつつ、一人ひとりのメンバーが気持ちよく青年会議所活動を実践できるように組織運営に邁進します。